ボンズカジノの違法性は?逮捕されるのか過去の事例から徹底解剖!

ボンズカジノ

ボンズカジノって違法じゃないのかな?

ボンズカジノを始める前にオンラインカジノに違法性があるのか気になりますよね。

オンラインカジノは日本人からするとまだまだ親しみがありません。

オンラインカジノ自体合法かどうかもよく分からないですよね。

そこで今回はボンズカジノの違法性について過去の事例を挙げながら徹底的に解説します。

ボンズカジノに違法性はある?

結論から言うとボンズカジノに違法性はありません。

ボンズカジノは2020年にできたばかりのオンラインカジノなので歴史が浅く違法なサイトじゃないの?と疑っている人もいますが、運営会社やライセンスなどさまざまな要因から安全なサイトと断言できます。

ボンズカジノの歴史については下記記事で紹介していますよ。

ボンズカジノの歴史は浅い?歴史がないからこその強みに迫る!
ボンズカジノの歴史は浅いですが歴史が浅いからこそ時代の流れに合っていたり、他のオンラインカジノとの差別化ができています。「オンラインカジノ勉強中の女子大生・はるか」と一緒にボンズカジノの歴史から魅力を徹底的に解説します!

日本でオンラインカジノは違法じゃないの?

「そもそも日本でオンラインカジノをプレイするのは違法じゃないの?」と思う人もいるはずです。

日本ではランドカジノが禁止されており、賭博法によりギャンブルにも制限がかけられていますからね。

賭け麻雀や野球賭博で逮捕されたというニュースもよく見かけますよね。

実際ボンズカジノでもスポーツベッティングが可能です。

「スポーツベッティングって野球賭博と同じ類じゃないの?」と思われる人もいるはずです。

ですが、日本ではオンラインカジノは違法とされていません。

そもそもオンラインカジノの普及はインターネットの普及に影響しているのでまだ20年ほどしか歴史がありません。

日本の賭博法ができたのは100年以上も前なのでオンラインカジノについて言及していないのです。

そのため、法で裁けず違法性を問われる可能性はまずありません。

また、オンラインカジノであってもカジノの運営が日本で許可されていないのでグレーゾーンです。

ですが、運営元が海外に拠点を置き、正式な運営ライセンスを取得していれば日本は治外法権のため他国で合法とされたものに対して起訴できないので安心です。

そっか!インターネットが普及してから20年くらいしか経ってないんだね!

オンラインカジノで違法性を問われた事例

オンラインカジノの20年ほどの歴史の中で違法性を問われ過去に逮捕された事例が日本にもあります。

2016年スマートライブカジノをプレイしていた日本人3名が賭博罪として逮捕されました。

多くの人がオンラインカジノをプレイする中なぜ3名だけ逮捕されてしまったのか。

3人のプレイヤーはSNSや自分のブログでプレイ状況を残しており(アカウントも分かる状態で)、さらに、運営元が日本にあるかも?と捉えられる証拠があったため逮捕されたとされています。

逮捕された3人のうち2人は略式起訴、1名は逮捕を不服として裁判を起こしたら無罪となりました。

略式起訴とは軽微な犯罪に対して通常の裁判で行う手続きを省略する法制度です。

略式起訴では罰金と前科がつきます。

1人は略式起訴起訴を不服として起訴したら無罪となっているのでもしかしたら他の2人も起訴したら無罪になったかもしれませんね。

20年以上続くオンラインカジノの歴史の中で逮捕に踏み切ったのは本件のみです。

スマートライブカジノの事件をきっかけにオンラインカジノは違法性を問われないと言う認識が広まりました。

明確なオンラインカジノに関する法律がない以上検察も深く追求ができないのが致命的ですね。

過去に逮捕された人がいるってなると不安だけど、違法なオンラインカジノだったから逮捕されちゃったんだね・・・

違法じゃないオンラインカジノを選ぶためのチェックポイント

先ほどオンラインカジノで逮捕された事例を紹介しましたが、もちろん違法に運営をしているオンラインカジノであれば逮捕される可能性はあります。

ただプレイを楽しんでいただけなのに何も知らないまま逮捕されたら最悪です。

ここでは違法じゃないオンラインカジノを見抜く方法を紹介します。

違法じゃないと判断できるポイントを紹介しながらボンズカジノに違法性があるのか確認します。

①運営会社の所在地

日本では賭博法により、賭博に制限がかけられています。

そのため、オンラインカジノを日本で運営している場合は逮捕される可能性があります。

オンラインカジノの運営会社の所在地がどこにあるのか確認しましょう。

ボンズカジノの運営会社「NestlingCorn Limited」はキプロスに拠点をおいています。

とは言っても「日本からアクセスしているのに違法にならないの?」と思われる人もいますよね。

例えば、日本からアメリカやマカオに行ってカジノをプレイして帰ってきても逮捕されないですよね?

ボンズカジノなどのオンラインカジノも同じ原理でキプロスへネットから入ってプレイしているようなものなので違法とはなりません。

ボンズカジノはヨーロッパで運営しているんだね!

②運営ライセンスの取得

オンラインカジノにおいて運営ライセンスの取得は必須です。

運営ライセンスを持たずに運営をしている場合は違法となります。

カジノに関しては日本以外の国でも取り締まりが厳しく世界共通認識として運営ライセンスを取得した会社のみがオンラインカジノの経営を許されています。

ボンズカジノではキュラソーの運営ライセンスを取得しているので安心です。

キュラソーはオンラインカジノのできた2年後に運営ライセンスの提供を始めているベテランの国なので信頼性も高いですよ。

ボンズカジノが取得しているキュラソーライセンスはライセンス発行国の中でもベテランさんなんだね!

③系列カジノの確認

オンラインカジノでは、基本的に同じ会社が複数個オンラインカジノを運営していることが多いです。

ボンズカジノは2011年にできたカジノエックスや2014年にできたジョイカジノの系列カジノです。

系列カジノでは同じような運営形態を取っているところが多いので、系列のカジノが安全であれば運営年数が少なくても安心と言えます。

カジノエックスとジョイカジノはボンズカジノの親会社が運営しており、2021年には両サイトとも閉鎖されました。

閉鎖されてしまったのには重大なトラブルがあったのかと思いますが、ボンズカジノにプレイヤーを一本化させるのが目的だったようです。

ボンズカジノは2019年にできたばかりですが、歴史のあるサイトを潰してまで普及させようとしているのでサービスに自信があると言えますね。

ボンズカジノへの注力の仕方がすごいね。

④過去のトラブルを調査

過去に重大なトラブルがあり改善されていないようなサイトは怪しいです。

ボンズカジノでは過去に大規模なトラブルは起こっていません。

確かにボンズカジノでも入出金やサポート体制について不満が上がっていたのも事実です。

ですが、入出金に関しては本人確認に時間を要する点、サポート体制については日本語サポートの体制が万全でなかったのが原因でした。

本人確認は入出金する上でトラブルを防止するためにも重要な項目なので丁寧にチェックされています。

チェックが厳しかったり、時間がかかるのはトラブル防止のためと思って早めに申請するのがおすすめです。

また、日本語サポートはボンズカジノは日本人プレイヤー向けに作られたサイトのため日本語サポートを用意したのですが、サポートが慣れていなかったため対応が遅れたりと問題になっていました。

現在ではサポートも安定しており徐々に改善されているので心配ないですよ。

どんなサービスでも一番最初は問題が起こってたりするもんね!今は安定してきているなら安心だね!

ボンズカジノは違法性のない安全なサイト!

ボンズカジノは違法性を確認する項目で見てみると万全な体制が整えられているので問題ありません。

これからボンズカジノを始めようと思っているけど不安・・・という人も本記事で違法性チェックをしながら安心してアカウント登録から始めてみましょう。

これからオンラインカジノについての法律ができたり、賭博法が改正されない限りは問題なく楽しめますよ。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました